So-net無料ブログ作成
検索選択

3日目 道に迷って [阿波 発心の国]

TS3O009100010001.jpgTS3O00950001.jpgTS3O009300010001.jpgTS3O009200010001.jpg
晴れ。強風。

全然ギャグのない日記ですみません。

初日に徳島の皆様の優しさに触れ、
「やっぱり今日は人情(刃傷)の日やなぁ」
というのを追加します。

7時半に起きる。
バナナ、ヨーグルト豆乳
宿のご主人が昨日打った八番まで車で連れて行って下さる。
お参りすることを打つと言います。
昔、遍路はお参りの時、木で出来た札を寺に打ちつけので、今でも打つと言うそうです。
強風の中、風で飛ばされそうになりながら、ひたすら歩きます。

スネの外側の筋肉が痛い。かなり張っている。スネをかじりたい。かじったらすぐに無くなるスネしかないけど。
お婆さんからお接待で金剛杖の頭に被せる袋を頂く。
杖の必要性を今のところ感じなかったが、午後二時ぐらいになると杖の有り難さがよく分かる。杖に身体を預けて歩いている。
九番法輪寺に行く時、初めて道を間違った。
お遍路は地図が無くても歩けます。
というのは、道なりにお遍路の矢印マークが取り付けてあるので、そのマークを見落とさない限りは大丈夫です。
遠くから鐘の音が聞こえてくると、
「ああ、お寺は近くだな」
と分かります。
どこでお遍路マークを見落としたのでしょう。畑の真ん中。お遍路さんの姿もなし。あぜ道には土筆が生えています。ウグイスの綺麗な鳴き声。
しばらく景色を眺めていましたが、自転車に乗ったおばちゃんが通り掛かったので道を尋ねると、丁寧に教えて下さいました。
地図が無くても大丈夫。道を間違っても大丈夫。聞けば教えて下さるし、遠回りすれば、それだけ色んな景色を見ることが出来ます。
十番切幡寺。
333段の階段。国指定重要文化財の大塔がある。
慶長十二年に秀頼が、大阪の住吉大社神宮寺再興の折、東西二基の塔を建立しました。その西塔を切幡寺が明治時代に買い受けたもの。大阪を離れて徳島で残っている。
十一番藤井寺。
天然温泉鴨の湯まで歩く。
湯に浸かって、ゆっくり足を揉む。
スネの筋肉に向かって、
「大丈夫かあ。頑張れ~」
と声を掛けて、足を労る。これまであまり身体を労ってこなかったなあと、足を揉みながら思いました。
今日は善根宿に泊まらせて頂く。小さな小屋に若者遍路が六人も集まる。皆、私より若い。日本人五人に、イタリア人一人。イタリア人はフランスで仏像の研究をしているから、この中で一番日本の寺に詳しい。
他には、昨年の皆既日食の時に奄美大島にいた人もいる。私と一緒にあの場所で日食を見ていたのですね。
足が余りに疲れていたので家から持ってきたお灸を据える。
寝袋にくるまって寝るがいつもより寒い。
小屋の中に風がピューピュー吹き込んでくる。
ブルブル震えながら眠る。

コメント有り難うございます。お返事する余裕はございませんが、応援メッセージを胸に明日も歩きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
コメント(1) 
共通テーマ:旅行

コメント 1

MIKA

只今夜勤中 今日は めちゃくちゃ忙しい…けど、やっと一段落しました まだまだ寒いでしょうね 風邪に気を付けて景色を楽しみながら一歩一歩頑張って下さい。
by MIKA (2010-03-19 01:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。