So-net無料ブログ作成
検索選択

16日目 坂本龍馬とお龍 [土佐 修行の国]

TS3O02590001.jpgTS3O02820001.jpgTS3O02900001.jpgTS3O02760001.jpg
晴れ、一時小雨。
6時起床。
7時出発。
三十番善楽寺を打ってスタート。
トコトコ歩く。
午前中は実に調子が良い。
三十一番竹林寺。
山の上にあります。山の上にあるお寺、多いですね。
植物園の中に遍路道があります。
花が綺麗に咲いているので、花を愛でながら、お寺へ。
九州青年に追い付く。
庭園、宝物館を見学。
九州青年より先にトコトコ進む。
今日も風は強いですが追い風なので楽です。
良心市で採れたてイチゴ買って食べます。200円。
サンガリアの自動販売機が多い。
武市半平太の旧宅とお墓を見学。
三十二番禅師峰寺。
ここも山。
狸大師がいます。
さて、土佐と言えば、坂本龍馬。
いよいよ龍馬に会いに行くぜよ。
ちなみに、九州青年は高知の夜の街に行くそうです。
現代のお龍さんを探しに行くのかも。
「白衣は?」
「脱ぎますよ」
そらそうですよね。

三十三番に行くには、二通りの方法があります。
無料の渡し舟に乗るか、浦戸大橋を渡るか。
交通機関を一切使わない歩き遍路でも、渡し舟だけは使う方が多いです。
お大師様も渡し舟には乗ったでしょうし。
私は桂浜に行くので、橋を渡った方が近いです。
橋を歩き始めましたがすぐに後悔しました。
橋が長くて、高い。
高所恐怖症なので、こういう高いところは苦手です。
通天閣も苦手なんです。
通天閣の80倍怖いです。
橋の真ん中を歩きたいのですが、真ん中は車がビュンビュン走っています。
歩道が50センチしかありません。
右によろめくと海に真っ逆様。
海のもずくとなります。もずくは食べ物ですね。
海の藻屑となります。
左によろめくと車にひかれます。
立ち止まるのも怖い。
歩き続けます。
何とか渡りましたが、二度と歩きたくない道です。
桂浜は人が一杯。
春休みですからね。
龍馬は高く、大きいです。
龍馬の視線の先には室戸岬の中岡慎太郎がいます。
三十三歳で亡くなった龍馬と三十で亡くなった中岡慎太郎。
三十六歳の私が見つめます。
本当は三十三番に向かいたいのですが、ここまで来たら坂本龍馬記念館に寄りたいです。
入館料。
龍馬の手紙などを見学。
その後、三十三番雪蹊寺へ。
通夜堂をお借りします。
通夜堂は6畳ぐらいの板の間。電球があります。雨戸も締まります。マットを敷いて、寝袋の中に入ります。夜は冷えます。
シーンと静まり返る中、ぐっすり眠ります。


にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
コメント(5) 

コメント 5

ちゃあり

お疲れ様です!
3/29(月)のブログ更新が無かったので、
心配しました。
ようやく須崎を過ぎられたのですね。
多分、カツオのタタキも食べ飽きたと思います。
修行の道場は、あと4,5日と言ったところでしょうか?

毎日、ブログ見てますんで、頑張って下さいね~♪
by ちゃあり (2010-03-31 19:45) 

せいりん

用事があってブログ見れなっかたら気になりますね。
今、どこかなぁ~?マメはどうなったかなぁ~?とかね。
またまた天気がくずれそうですね。
気をつけて頑張ってくださいね!

by せいりん (2010-03-31 19:57) 

鉄


すばらしいお天気ですね。

青空を見て歩みが少しでも楽になるのでは・・・と
ほっと致します。

桂浜へ行かれたのですね。

信楽のたぬきさんは、いつお遍路されたのでしょう?

旅のご無事をお祈り致しております。
by 鉄 (2010-03-31 20:17) 

L

おお、N青さんが断念した(んだっけ?)桂浜!

お寺ではないので、代参というのとはちょっとちがいますね。
by L (2010-03-31 22:11) 

MIKA

連休の後は 三連勤+夜勤…辞めたくなるシフトです(;_;) そして夜勤になるとコメントしたくなる 癖が ついたようです(笑)

綺麗なお花の写真有難うございます
青空で 遍路日和ですね

ちなみに 今日の大阪は パラパラ雨です

by MIKA (2010-04-01 07:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。