So-net無料ブログ作成

36日目 再び一人で [伊予 菩提の国]

TS3O05530002.jpgTS3O05550001.jpgTS3O05570001.jpgTS3O05590001.jpg
曇り。
5時起床。
宿坊の朝は早いです。
5時50分からお勤めがありますので、5時半頃に起きればいいだろうと思っていたら、皆さん、5時に動き始めました。
本堂で朝のお勤め。
クラウスは嬉しそうです。
お勤めの後、朝食。
7時出発。
部屋でテーピングなどをしてから、玄関に。
今日もトリで出発です。
お寺の方が、
「あれ。クラウスさんと一緒じゃないのですか」「別にいつも一緒に歩いている訳じゃないので」
お遍路というのは、基本的に一人で歩くものですから、先に行ったクラウスはお遍路の心をよく分かっています。

お大師さんの前でお経を読んで出発です。

一人でスタスタ。
二人で歩くのも面白いですが、やはり一人の方が気楽で良いです。

六十二番宝寿寺に向かいます。
ご婦人からみかんのお接待。
有り難うございます。
すぐに中年男性からジュースのお接待。
有り難うございます。
今日は何でしょうか。
お接待が多いです。

気付いたら、六十二番を通り過ぎていました。
同じ道を戻ります。
すると、お寺からクラウスが出て来ました。
「やあクラウス。通り過ぎてたよ」
「ハハハ。でも大丈夫。あの寺は8時から納経だから、早くに行ってもこの時間じゃよ」
八十八ヶ所のほとんどのお寺は霊場会という集まりに属していまして、霊場会は納経時間が7時から17時と決まっているのですが、六十二番は霊場会に属していないので、他の寺より納経開始が1時間遅いのです。
なぜ属していないかは知りません。

「ナンコさん。今日はどの辺に泊まるつもりじゃ」
「そうですね。25キロから30キロ辺りの宿ですかねぇ。クラウスは?」
「わしもその辺になるじゃろうな。また会おう。あっ、そうだ。ナンコさんと初めて会ったのは足摺岬に向かう道じゃったな」
「今頃、思い出したの」「ああ。ようやく思い出したよ。ドイツ人から見ると、日本人の顔は皆同じに見えるんじゃよ」

六十三番吉祥寺。
綺麗な御衣黄桜が咲いています。
出発前の予定では、ここで寄り道をして西日本一高い山、石鎚山に登ろうと考えていたのですが、頂上にまだ雪が残っているのと、とりあえず今回は八十八ヶ所を歩いて廻ることに集中しようと思い、登山は止めました。
これで大阪に帰るのが2日早くなりました。

明日から3日連続、雨の予報ですので、明日、明後日は午後からのんびり過ごして、疲れた身体を休ませようと思います。

新居浜に教えて頂いた鍼灸院があったのですが、丁度、お休みでしたので残念ながら寄ることが出来ませんでした。

六十四番前神寺。
国道を歩いてマルナカに向かいます。
マルナカはパラダイスですね。
なんでも揃っています。買い物をして、休憩をして、また国道を一人で歩きます。

昨日は二人でした。
山道をクラウスと歩きました。
夕暮れ時、一日が終わってしまう寂しさを感じながら、
「クラウス。山が綺麗だね」
「ああ」
「他の季節はどうなんだろうね。夏には夏の、秋には秋の、冬には冬のよさがあるんだろうね」
「そらそうじゃ」
「そんな季節も歩いてみたいな」
「来ればいいじゃないか。大阪と四国は近いんじゃから」
「そうだね」
「ナンコさん。シーッ」
「えっ」
「キツツキじゃ」

クラウスは野鳥が好きで、色んな野鳥を見付けては、鳴き声を真似していました。
キツツキを見ながら、また来てもいいかなと思っていました。

今日は一人でスタスタ歩きます。
おばあちゃんがみかんを下さいました。
「有り難うございます」「そろそろね。そろそろね」
そろそろというのは、おそらくゆっくりという意味なのでしょう。
心に残りました。

そろそろ歩きます。
昼過ぎに、これから歩けそうな距離を考えて、宿を予約します。
本日は五葉松荘。
素泊まり4000円。
旅館に着くと、女将さんが私を見るなり、
「あら。若いのね。電話の声では、もうちょっと年配の方かと思ったわ」
これまでも何度か言われました。
声が老けているのか、喋り方が古臭いのか、見た目が若いのか、どれでしょうか。

お風呂場に体重計があり、計ってみると、遍路前より4キロ減っていました。

今日の客は私一人。
こういう日もあります。
布団に入って、今後の予定を考えます。
ようやく旅の終わりが見えて来ました。
普通に歩いて26日、早起きすれば25日に結願予定です。

そういや、クラウスはどこに泊まったのかな。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
コメント(2) 
共通テーマ:旅行

コメント 2

杏

早くもお四国病のようですね。(^^)

声か、喋り方か、見た目か、私は・・・だと思います。(^^)

私の田舎でも、ゆっくりと言う事を、そろそろって言ってました。
by 杏 (2010-04-20 22:47) 

Taka

いよいよゴールが近づいてきましたね。

大阪に戻ってきて「スーパーマルナカ」が懐かしくなっても、地下鉄「北加賀屋」近くにありますから安心してください。
by Taka (2010-04-21 01:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。