So-net無料ブログ作成

40日目 善根宿「うたんぐら」 [讃岐 涅槃の国]

TS3O06080001.jpgTS3O06160001.jpgTS3O06180001.jpgTS3O06210001.jpg


雨。
5時半起床。
6時半出発。

雨がよく降ります。

七十一番弥谷寺。
弥谷と書いて「いやだに」と読みます。
天霧城跡があります。
階段を登って登って到着。

七十二番曼荼羅寺。
門前のうどん屋さんで、うどんのお接待。
有り難いですね。
有り難うございます。

西行の笠掛松や昼寝石があります。
西行の講談もするので、
西行さんと同じように昼寝しようと石に横になったのですが、
雨が降る中、昼寝は出来ません。
雨に濡れながら、しばし目を瞑る。

七十四番甲山寺。

七十五番善通寺。
ここは弘法大師がお生まれになった場所。
別名、誕生寺。
大きい。
境内は唐のお寺を模したものだそうです。
実に立派。
宝物殿もあります。
中に入って、仏像や曼荼羅を見学。
本堂の側には赤ちゃんを抱いたお大師さんの像。

マルナカで390円弁当を買って、食べます。
雨はどんどん強くなってきます。

七十六番金倉寺。
七十七番道隆寺。

しばらく歩くと、「お接待ステーション」と書いたステッカーが貼ってある喫茶店。
「サロン ド 野池」。
コーヒーを頂きます。
美味しいコーヒー。
冷えた身体が一気に温まります。
あまりに美味しいので、厚かましくも、おかわりをお願いしました。
有り難うございました。

トコトコ歩いて、丸亀。
可愛いお城。

うどん屋「おか泉」。
今日こそは、「ぬるかけ」の正体が知りたいです。

「ご注文は?」
「ぬ、ぬ、ぬるはち」
「ぬるはち?」
「あ、いや、ぶっかけで」
「はい。ぶっかけ一丁」

ぬるかけを注文するのを失敗しました。
しかし、メニューをよく見ると、
「熱、冷、ぬるい」
と書いてありますから、香川ではぬるいうどんというのが、普通にあるのでしょうね。
大阪ではまず見ません。
お腹に優しそうです。

ぶっかけは美味しかったです。
昨日は気付かぬ内に食べてしまいましたが、
今日はゆっくり讃岐うどんを味わいました。

この近くに神主さんがうどんを打っている神社があると聞いて、
ぜひ寄ってみたかったのですが、お腹一杯です。

七十八番郷照寺。

宿は「うたんぐら」。
ここは宇多津町。
江戸時代のスペインの地図には、
この辺りが「うたんぐら」と書かれていたので、
うたんぐらという名前にされたとか。

宿賃は朝食が付いて600円。
6000円じゃなくて、600円。
大阪府泉大津市に長く住まれていたご夫妻がされている善根宿。
ご夫婦の温かいお心遣い、楽しいお喋り。
本当に素晴らしい宿です。
有り難うございます。
コタツに入って、お茶を飲みながら、一緒にお喋りをします。
楽しい時間は経つのが早い。
まだまだ喋りたいのですが、明日も朝から歩きます。

お休みの挨拶をして、お布団にもぐります。

ゆっくり眠ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
コメント(3) 

コメント 3

本多 真二

私も、うどんや蕎麦が大好きでした。しかし、現在では蕎麦は避けております。
というのは、アレルギー反応をみる検査では、蕎麦にアレルギー反応が出ました。
本人はほとんどその自覚がなかったのですが、検査結果として蕎麦に拒否反応が出ていますので、それ以来、食するのはもっぱらうどんです。
今まで、いろんなうどんを食べてきましたが、「ぬるかけ」というのは食べたことがありません。
「ぬるかけ」がほんとうに「ぬるい かけうどん」としたら、ちょっと注文する気はありませんね。
うどんは、やっぱり舌がやけどするくらいの熱々のものがよいですから。

by 本多 真二 (2010-04-24 16:28) 

鉄路

ブログを拝見しているだけで心がポカポカに温まります・・・有難うございます^^

by 鉄路 (2010-04-24 16:47) 

せいりん

前にうどんツアーをしたことがあります。
「ぬるかけ」「しょうたま」「ちゅうかけ」などなどいろいろ組み合わせて注文できるみたいですよ。
今度はゆっくり頑張って注文してみて!!

by せいりん (2010-04-24 19:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。