So-net無料ブログ作成
検索選択

生まれてくる我が子を想いながら [その後]

私が一人で四国を歩いていた時、
嫁さんは妊娠7ヶ月でした。

これを聞いた方は、
「嫁さんを放っておいて、ひどいなあ」
とおっしゃるのですが、
妊娠が分かってから、お遍路に行こうと思ったのではありません。

私が、お遍路に行こうと思い立ち、
計画を立て、
50日のスケジュール空けて、
仕事を入れないようにした後で、
妊娠が分かったのです。

空けたスケジュールは、
もう埋まらないですし、
子供が生まれた後では、
50日も家を出るのは、
難しくなるでしょうし、
そこで、嫁さんの理解を得て、お遍路に出ました。

これから生まれてくるであろう我が子のことを想いながら、
ずっと歩いておりました。

お陰様で、無事に生まれ、
現在は2歳。
毎日、元気に飛び跳ねております。

有難いことです。

我が子が大きくなって、
やがて、お遍路のことを知り、
一人で歩いてくれたらなあと思います。

きっと良い体験になるでしょう。

遍路を終えて、
長らく更新しておりませんでしが、
高野山にお参りし、
書き残したことは、書いておきたいと思い、
久々に更新しました。

読んで頂きまして、有難うございました。
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。